• プライバシーポリシー
  • サイトマップ

ご利用者さんの声

ステップハウス利用女性の自立まで

契約社員であったAさんは、解雇されて社員寮を出されてしまいました。

親兄弟には「見放されているし話すといじめられるだけ」と頼れない人でした。

福祉窓口に相談してから、花みずきの「女性保護居室」を利用しました。

なかなか心身の疲労が取れないなどの課題もあり、継続して支援するために

「ステップハウス」へ移動。徐々に食生活も生活リズムも改善されてからは

スタッフやボランティアとの会話も増えて、生活保護受給も開始されました。

労働意欲もありハローワークから紹介された5か所目の会社に仕事が決まったのは、

入居してから3か月が経っていました。必要な外出も、連絡や計画も自分でできる

ことが増えてきました。生活していける見通しもつき、その後アパートを探して

ひとりでの新しい生活が始まっていきました。(30代)

ご利用者さんの体験談

洋服も身の回り品もないまま、勢いで飛び込み、不安からのスタートでした。

子供も多く、周りの迷惑も心配。しかし、スタッフの方々の暖かさに子供も

いつも通りに戻りつつ、私も眠れるようになりました。

これからのスタートをここからできてすごく力になりました。

まだまだ心配で不安もありますが、子供たちも前を向いていけると思います。(30代)

過ごしやすくて、もっと居たいくらいでした。

子供たちが笑顔になってよかったです。(40代)

いろいろと考える時間ができました。相談などもでき、過ごしやすかったです。

子供といろいろと話すことができ、自分のことでイッパイになっても、

ボランティアさんが子供たちと遊んでくれ、助かりました。

こちらを”卒業”し、新たな一歩を確実に歩いて行こうと思います。(30代)

気持ちに落ち着きが出来たことです。

ここに来ることで、やるべきことを考え、整理し、一歩前を向けたように思います。

(20代)

お問い合わせは