サポートの流れ

相談~生活安定までの支援が受けられます!

入居してからの生活

流れ

1日目 『入居時オリエンテーション』

事務所にて心身の様子などをお聞かせください。

利用の案内と規則の説明をします。そこで利用の再確認をさせていただきます。

簡単な書面を取り交わし、本人と行政、花みずきの協働作業で支援を進めていきます。

必要があれば、洗面具、衣服などの生活必需品を提供します。

部屋へ移動し、電話、ホームセキュリティなど部屋の備品について説明します。

食事は自炊です。食材は提供します。

(週に何度か食材のリクエストを聞きます。)

流れ

2日目 『生活の始まり』

朝、起きたら布団をたたみ、着替え、朝食を摂りましょう。

規則正しい生活を心がけてください。

9時ごろスタッフと「おはよう」と声を交わしましょう。「昨夜、眠れたか?」

「食欲や体調はどうか?」など様子をお聞かせください。

生活に必要なものがあれば、お知らせください。

流れ

4~5日目 『関係者による話し合い』

ここまでの生活の感想や、これからどうしたいかなどの話し合いをします。

市町村女性相談員、生活保護担当、県女性相談所の担当職員、民間支援団体の

当スタッフと、利用者の希望を大切にしながら、共に考え、具体的な対策を

立てていきます。

迷ったり、決められないなど何日もかかるかもしれませんが、スタッフが気持ちを

整理できるよう必要な支援をします。

流れ

5~10日目 『今後の行き先探し』

母子生活支援施設や、アパート、ステップハウスなど方向性が決まったら、

必要な情報提供(不動産情報、保育園、学校、病院、行政機関の情報、地域の生活

情報)など支援をします。

退居後の安心な生活のイメージがより具体的に持てるよう、スタッフが支援をします。

流れ

11~14~20日目 『退居に向けて』

生活保護費の確認を担当の福祉職員としましょう。

家具や日用品など最低限の生活用品の準備を、共にしましょう。

利用料の精算をお願いします。

退居時のオリエンテーションとして、退居後の安全・安心な生活のために注意事項などを共に確認しましょう。

ステップハウスのご紹介

ウィメンズハウス花みずきは

誰もが安心して暮らせることを願っています。

ステップハウスのご紹介

緊急居室利用の後、さらに支援を希望する女性が、

自立した生活を目指して、中期(数か月)利用できる居室です。

お部屋の画像

お部屋の見取り図(例)

見取り図

室内は広くゆったりとした作りで、大きな窓からは日の光がたっぷり差し込みます。

窓とドアは2重鍵になっているので安心です。

ピックアップ

お部屋の画像

備品

布団一式、テーブル、座布団、テレビ、時計、冷蔵庫、炊飯器、

IHコンロ、電子レンジ、炊飯器、調理器具類、食器、等

ご利用者さんの声

ご利用者さんの体験談

洋服も身の回り品もないまま、勢いで飛び込み、不安からのスタートでした。

子供も多く、周りの迷惑も心配。しかし、スタッフの方々の暖かさに子供も

いつも通りに戻りつつ、私も眠れるようになりました。

これからのスタートをここからできてすごく力になりました。

まだまだ心配で不安もありますが、子供たちも前を向いていけると思います。(30代)

過ごしやすくて、もっと居たいくらいでした。

子供たちが笑顔になってよかったです。(40代)

いろいろと考える時間ができました。相談などもでき、過ごしやすかったです。

子供といろいろと話すことができ、自分のことでイッパイになっても、

ボランティアさんが子供たちと遊んでくれ、助かりました。

こちらを”卒業”し、新たな一歩を確実に歩いて行こうと思います。(30代)

気持ちに落ち着きが出来たことです。

ここに来ることで、やるべきことを考え、整理し、一歩前を向けたように思います。(20代)